『長唄 七福神』

遂にこの日がやってきました。まさか自分でも日本舞踊を一人で踊る機会がくるとは思いませんでした・・・。観てるだけの時はユルユル動いてるから簡単だろうなぁとナメていましたが実際やるととんでもない!!
日本舞踊は様式美が重要なので型の精密さに対する厳しさは常軌を逸しています。
最初、筋力とバランス感覚不足でフラフラしっぱなしだった事が凄くショックだったのを覚えています。更にお稽古場は伝統芸能独特の人間関係の特異性が加わってまるで異空間。
思い返せば34歳で師匠の自宅の稽古場に出入りするようになってからしばらくはカルチャーショックの連続でした。

僕自身続くかどうか確信が持てないまま飛び込んだ世界だったので周りの兄弟子姉弟子も一向に辞めない姿に驚いていたのではないかと(笑)
冷静に考えれば周りは3歳や5歳から始めてる人達ばかりなのに30過ぎの何の素養もない男が「本気で上手くなりますから」なんてよく言えたなぁと思いますがこの思い込みと勘違いが僕の強みなのでもっともっとバカな野望を打ち立ててやろうと企んでいます。

まずは12月1日。
人目にさらされながら一曲踊りきる事で見える景色があるはずなので本番が待ち遠しいです。
とはいえ直前はド緊張だと思いますので、なんとか踊ってる間は日常から切り離された自分の世界が会場の空間に広げられるよう願いたいです。
踊りのピンデビューを迎える事でようやく修練しているものがすべてスタートラインにつきました。
これらを更に磨き上げ昇華させたら飛躍の為に一気に飛び立ちます!!視界良好、前途洋々♪
今後の自分が楽しみです。
                                                       2013年11月29日
コラムトップ