『ウィンザーの陽気な女房たち』

皆さま寒い日が続きますがいかがお過ごしですか?
先日東京では何年かぶりに大雪が降りました。
交通機関を皮切りにもっと大混乱するかと思いましたが意外に都市機能は失われず震災以降明らかに
東京が、いや日本が変わった事を感じずにはいられませんでした。
さて僕自身は変われたのか・・・。

他力本願のみっともない人生を捨てゼロからの出直しをスタートさせてからもうすぐ二年が経とうとしています。
当初自分に確たる芯が出来るまでは役者業に復帰するべきではないと考えて修行生活を始めました。
しかし現状は役者業に復帰しています。
師匠の「準備が整った時にチャンスが来ると思ったら大間違いです」という言葉に感銘を受けたからです。以降は出来る限り外部からの働き掛け応じて、また自らも積極的に他と交わるようにしてきましたが最近はこの忙しさに身体がついていかずこなすだけの日々になりかけている危険を感じています。

闘いの場で剣の振り方を教わっていたら真っ先に切り倒されます。
ですから平常時の鍛練に時間と労力を使いたいのですがこのところ戦場へ出過ぎなのか・・・。
もはや立ち止まって考え込む時間もないので、無様な姿でも闘い続け、思考し鍛練していきます。
役者は戦士と違い、致命的なミスで命を失う事がないのが唯一の救い、、、
とはいえ度重なる失敗は信用を地に落とすので無事に生還することはとても重要です。

なんだか今月末から始まる公演の事を書こうと思ったのに違う事を書いてしまいました。
タイトルと内容の不一致、まるで僕の人生そのものです(笑)
これからもそ役者らしくない役者として存在していくことが僕が選んだ生き方なのかもしれません。
                                                      2013年01月16日
コラムトップ