『喜び』

ご無沙汰しております。いつの間にか寒くなってしまいましたが体調は崩されていませんか?
最近はテレビ、新聞、ラジオに加えフェイスブックやブログ、ツイッターなどから発信される情報も多くなり本当に情報過多な時代になってきましたね。
家でのナガラ作業を断ち切る為テレビを排除して五年以上経ちますが情報難民になるどころか他の媒体からの情報量の多さに最近は食傷気味です。見たくないもの聞きたくないものが、とめどなく流れてくるので今後は必用な情報だけを入手する感覚が必要となってくると思います。
その取捨の判断を下すのは自分でしかないのですが圧倒的な量の情報の流れに押し流されて主体性のない人間が加速度的に増えているようですしこのような現状にとても危険を感じます。
そんな中2012年12月21日にマヤ歴が終わっていることからの地球滅亡説。
過去にもノストラダムスの大予言による終焉説が流行りましたが当時人生に価値を見い出せない時期だった僕は密かに恐怖の大王の出現を待ち焦がれていました。
大王が現れればこの閉塞感から解放される!!ってな感じです。
結果、1999年の大晦日には大王も終焉も訪れず僕は寂しく2000年の元旦をこたつの中で迎えましたが・・・(笑)
当時の愚かな自分へアドバイスするならば環境を変えたければまず自分が変われって事でしょうかね。
2000年に劇団に入団した事がきっかけで演劇に夢中になっていった訳ですし思考し動き続ける事が周りの景色を変える一番の方法なのは旅行をしたことがある人なら誰でも知ってますよね。
今年の12月に地球が滅亡するのかその前に命が果てるのかはたまた90過ぎまで生き続けるのか。
そんなこと考えても答えは出ないし知ったこっちゃないのでいつ終わっても良いように今を一生懸命生きていきます。そして無事に今日を生きられたらまた明日も精一杯生きます。
社会がより安全に快適に暮らしやすくなった恩恵の陰で多くの人が忘れてしまった感覚
今この瞬間を生きているという喜びを僕は失いたくないです。
                                                       2012年11月12日
コラムトップ